中国チュウゴクCSK
油流出防止システムフロー
実際に利用される環境は多種多様ですので事故を想定して参考程度にフローにしてみました。
油の場合は基本は回収作業になるので、できるだけ早期の適材対応が鍵となりますから想定された事故からの準備が重要になります。
・流出が陸上の場合
1.流出が設備に近い場合は外部に出さないために早期検知のためエポラームを設置するシステムもあります。
2.流出場所によって、吸着マットや吸着シートおよびセラミック系の吸収材を提案できます。シートも万能タイプ(水・油に限らず液体薬品一般)と水を吸着しないもの(油に特化したもの)と選択できます。
3.水路などに入ってくるものは水路に吸収材や吸着材(ソックスやシート)でトラップを作ることもできます。
・流出がダム・湖・河川の場合
1.河川に対しては静水面の場合は水に浮くタイプの吸着マットやシートを使用し、長い距離などにはブームやロールなど提案します
2.流水が早めの場合はキャッチャーロープタイプなどが効果的です。
・流出が海上の場合
1.海上の場合は拡散も早く、波などの影響もあるので早期に広範囲にオイルキャッチャーロープなどで対応する方法をお勧めします。
2.範囲が限られてくると水に浮くタイプの吸着シートやマットで効率的に回収することもできます。
・その他 岩場などに付着した油などを一度乳化させて回収する方法もありますが大規模な海洋事故を想定しますので特殊な条件になります。
・お客様の事故の想定をお知らせいただければ効果的な対応の準備をご提案できるものと思いますのでメールまたはファックスなどでお問い合わせください。